油揚げが入っているうどんや蕎麦のことをきつねうどん、きつねそばと言いますよね。

狐と聞いて油揚げを想像する人もいるかと思います。

何故油揚げの事をキツネと言うようになったのでしょうか。

なぜ油揚げなのか?

狐 なぜ 油揚げ

カップラーメン等でキツネは油揚げのイメージを持っている人がいるのですが、実際に油揚げはキツネから出来ているのかいう疑問を持っている人がとても多くいるのです。

しかし、本当にキツネが油揚げにされているのかと言うと、実際はキツネの肉が使われているわけでもなく、キツネの出汁を使われているわけでもないのです。

では、なぜ油揚げはキツネのイメージを持たれているのかというと、キツネは油揚げが大好物だからです。

その為、油揚げはキツネだというイメージを強く持たれているのです。

カップラーメン等で使われている油揚げはキツネなのではないので安心して食べることができるようになっていて、

実際に油揚げはキツネの肉を使われていないということを知って自慢をする人もいるのです。

狐は美味しいのか?

スポンサードリンク

カップラーメン等で登場する油揚げをキツネの肉なのではないのかと思っている人や、キツネの出汁を使っているのではないのかと信じてしまっている人がとても多くいて、その事もあってキツネは美味しいのではないのかと思っている人はいるのですが違います。

実際にキツネを食べることが出来るのかと言うと、キツネは実際に食べることは出来るのですが、あまり美味しくはないのです。

また、キツネによってはエキノコックス症に感染してしまっているものもいるため、食べる際には気をつけて食べなければいけないのです。

まとめ

とても多くの人がキツネに興味をもっているのですが、カップラーメンに使われている油揚げはキツネを使用しているわけでは無いので、不安に思っている人でも安心して油揚げを食べることが出来ます。

実際にキツネを食べることはあまりオススメできることではないので、注意をしなければいけないのです。

スポンサードリンク